鉢&田島征三・絵本と木の実の美術館

本日開館 | OPEN| 10:00 - 17:00

2021.9.23(木)

本日開館 | OPEN| 10:00 - 17:00

2021.9.23(木)

TASHIMA Seizo Picture book field

絵本のはらっぱ

ヒミツのかいだん

絵本と木の実の美術館には、細長いヒミツの階段があります。今は、上ることができません。お客さんは、階段を見上げて「上がった先はどこへいくんだろう…」と口をそろえます。そう思ったら、この絵本を開いてみて!

出版社
小学館
作者
田島征三
発行年
2019年
価格
1,430円(税込)

絵本と木の実の美術館は、元々小学校でした。旧真田小学校は、雪国には珍しい木造の校舎です。小学校の頃から残る、一つの階段。今は使っていませんし、上ることもできません。この秘密の!階段が絵本になりました。

お話は、最後の在学生ユカとユウキが入学する時代に遡ります。
入学したユカは細長い階段を見つけ、上級生のユウタロウは「郵便屋さんが登って行ったよ。」と教えてくれます。
ユカが細くて長い階段を上がってみると…!

学校にはたくさんの「ふしぎ」がありますよね。それぞれに何かしら思い出すものがありませんか?
ドキドキとハラハラが一緒になった先には、雪国を超え、国境を越えた広い広い世界がありました。
子ども時代の体験は、無限!

冬の間、郵便屋さんが休憩のために階段の先にある一室で休んでいたのは、本当のエピソード。
これは、ここだけの話…。

【関連する作品】
▼旧真田小学校が舞台になった空間絵本物語
≫『学校はカラッポにならない』
▼学校の外(ビオトープ)が舞台になった物語
≫『とわちゃんとシナイモツゴのトトくん』
▼『ヒミツのかいだん』に登場するオバケ「トペラトト」の絵本
≫『トペラトト おもいでをたべるオバケのはなし』

絵本のはらっぱ 一覧