鉢&田島征三・絵本と木の実の美術館

ようこそ

welcome_img

概要

「鉢&田島征三 絵本と木の実の美術館」は、新潟県十日町市の鉢集落にあります。
JR十日町駅から「鉢」行きの路線バスに揺られ、市街地を抜け、信濃川を渡り、山を越え、谷を越え、また山を登ると現れる、すり鉢の形をした集落。
ここ「鉢」にある、2005年に廃校になった真田小学校が、2009年7月26日、空間絵本美術館として生まれ変わりました。
美術館は丸ごと、絵本作家の田島征三さんが長年思い描いてきた空間絵本です。
絵本のタイトルは『学校はカラッポにならない』、主人公は真田小学校の最後の在校生だったユウキ、ユカ、ケンタの3人。
そして学校に棲む、夢を食べるオバケ「トペラトト」、夢をつぶすオバケ「ドラドラバン」…。
その世界を表現するのは、流木や木の実、和紙を使ったオブジェたち。
「鉢」の人たちと多くのボランティアスタッフの力で、田島さんのイメージがひとつひとつ形になり、空間絵本が現実のものとなりました。
「鉢」の美術館へ行ってみよう。
そう思った瞬間が、空間絵本の始まりです。
美術館への道のり、鉢集落、美術館そのもの。
すべての空間をそれぞれの感性で味わえる作品。
それが「鉢&田島征三 絵本と木の実の美術館」なのです。

文 高橋真理子

歴史

2005年3月
真田小学校閉校
2006年7月
「第3回大地の芸術祭」旧真田小学校校舎が作品展示会場となる
2008年8月
絵本と木の実の美術館 開館プレイベント開催
2009年7月
「第4回大地の芸術祭」にて鉢&田島征三 絵本と木の実の美術館」開館
以後、毎年4月下旬~11月まで開館
2014年5月
NIKKEIプラス1なんでもランキング、廃校活用事例「アートを感じる」部門で1位
2015年7月
「第6回大地の芸術祭」にて、空間絵本をリニューアル

鉢集落の紹介

”鉢”集落は、すり鉢状の地形に囲まれて家々があることから名付けられた村です。
村の奥には十日町市の史跡「鉢の石仏」があります。神仏混合の200体以上の石の神様が奉られ、村の方々が大切に守っています。
「鉢」の一番の魅力は”人”。互いに助け合いながら暮らし、人情深く、笑顔とエネルギーに満ちています。多くの人が導かれて訪れ、やがて通うようになり、「鉢」を心の故郷とするファン急増中です。

「鉢」の年中行事

●1月中旬 小正月
鳥追い洞で一杯どうぞ。道楽神を祭った「どんと焼」は大迫力です!
●2月中旬 とおかまち雪祭り
手作りの巨大ほんやら洞「石仏広場」では、集落の方が手作りのメニューやお酒でおもてなしします。雪像造りは、集落の方と外から駆けつける応援団が力を合わせて作ります。
●9月第1土曜日 秋祭り
石仏の形を模した御輿をかついで集落を一周。毎年遠方から若者が集まります!
●11月初旬 秋ぶるめ
絵本と木の実の美術館の体育館で行う収穫祭です。村の方が育てた野菜の販売会や、餅つき、楽しいShowもあります。
ページTOPへ